カテゴリ
全体
Members
連絡事項
Diary
WoWについて
Class
生産
WoW用語
Instance
ZG攻略まとめ
ZG日記
ZGクエスト
MC攻略まとめ
MC日記
MCクエスト
AQ20攻略まとめ
AQ日記
Ony攻略まとめ
Ony日記
Karazhan攻略
Karazhan日記
Raid
Reputation
エンチャント
Patch
Mageについて
Burning Crusade
Outlandダンジョン攻略状況
ギルド規約
以前の記事
Moroes
d0064058_1414767.jpg

Moroesを倒したよ!
あっつんとパンツマンは写真とるの忘れた・・・。
なかなか慣れなくてWipeしたけど、倒せてよかったー!
新しいメンバーも含めての、初めての記念写真です。
[PR]
# by Leazas | 2008-02-02 14:12 | Karazhan日記
3rd BOSS : Maiden of Virtue
3rd BOSS : Maiden of Virtue

◆Holy Fire
 1sec Cast, 2sec CDでターゲットに3000-3200dmgを与え、1750dmg/tickのDoTが12秒つく(Cure可能)。
 Range職のプレイヤー(近くに配置してないプレイヤー)にランダムで使用。

◆Holy Ground
 Maidenを中心に12yの範囲に毎秒240-360のHoly Damageを与える。
 また、0.5sec Silenceを1秒毎に与え、Instant Cast以外のSpellが使えなくなる。
 この能力は戦闘中常に使用される。

◆Holy Wrath
 ランダムなターゲットに使用されるChain DD。Chainすればする程ダメージが増える。

◆Repentance
 2000dmgと共に10秒間のMezを与える。あらゆるダメージで解ける。
 彼女は約30秒毎にこのSpellを唱える。これは全Playerが対象となる。
 この効果はCureできないが、WarはPalのRepentanceと同様Berserker RageでImmune/Breakする事が可能。
 MagmadarのFearのようにImmuneさせ続ければ2k damageも回避する事ができる。
 また、PaladinのBoSacrificeを使う事でBreakする事も可能。

-----------------------------------------------------------------

Maidenの前の廊下を完璧に掃除する必要は無い。

Maidenは彼女が立っていた所でタンク。
彼女と戦う場合、War TankとDru Tankの違いは無い。

Raid Memberは散開してHoly WrathをChainさせないように戦う。
全Casterは二つの柱の間にばらばらに位置取りして戦うべきである。
Maidenを中心に、柱の間ごとに一人ずつ配置。
in Combatにならずに配置準備が可能。(壁沿いに配置準備)
部屋には各自が十分離れるだけのスペースがある。

彼女にMelee攻撃できる範囲は広いが、4人以上が彼女に攻撃する事はHoly Wrathを避ける上で推奨できない。

RepentanceのCastは視認する事ができる。
Castを見たらTankにHotとShieldをかけ、Repentanceを喰らっている間Tankを生かし続けること。
BoSacを使っているPalがいるならそれによりMezが壊れるので、Healする事が容易になる。

もう一つのRepentanceへの対抗策としては、Castを見たらHealerがMaidenのMelee Rangeに入る事である。
↑うちはこれになるかも。
HoTをHealerにかけ、HealerがMaidenのAuraに耐えられるようにする。
Mezが壊れたらSilenceを解くため、即座にAuraの範囲外に出る。
MaidenがRepentanceを使っていない間、HealerはHoly FireをCureし、Manaを節約するべきである。
DruidのHoTはInstantでSilenceにより妨害されないので、Tree Druidがいると楽になる。

Shadow PriestをMelee Grpに入れてDPSさせる事もまた堅実な方法である。
Vampric Embraceによって、Melee DPS陣のHealを気にする必要がなくなるからだ。

Dampen MagicをDPS陣にかける事によって、Auraのダメージを150-200程度に軽減する事ができる。
後はHoTを一つ入れるだけで死ぬ事はなくなるだろう。

RepentanceとHolyFireを除けば単純に殴りあうだけのMobである。
[PR]
# by Leazas | 2008-02-01 20:29
2nd Boss : Moroes
2nd Boss : Moroes

Moroes はKarazhanのUD Rogueのボスである。
Moroes戦では6種類のMobの中から4体がランダムに選ばれ、Addとして襲ってくる。
彼はOpera Eventを開始する為に倒さなくてはならないボスである。

◆通常攻撃
1600-2500dmg(16000armorで60%減少)/ 5500dmg Crushing

◆Vanish
定期的にVanish(消える)する。Aggroは消えない。
彼はVanishを解いた後、すぐに一番高いヘイトのプレイヤー(=MT)に戻る。

◆Garrote
Vanishから戻る際に、誰か一人に1000dmg/3secが10分続く(計100000 damage)Garroteを行う。
これはCureできないが、DWFのRacial、Pal無敵やBoP、MageのIBで消去できる。
2007/2/6時点では、彼を倒した時にGarroteが消滅する仕様である。

◆Blind
2番目に高いThreatのプレイヤーにBlindを撃つ。Cure可能。
くるくるなって、行動不能になるやつ。

◆Gouge
最も高いヘイト(=MT)にGougeを撃つ。動けなくなる。
彼は2番目に高いヘイトのプレイヤーに襲い掛かるだろう。
※そのため、ヘイト二番目は必ずOTになるように。

◆Enrage
Moroesを30%まで削るとEnrage(強化)する。
※ここからは一気に落とさないと、MTいたすぎ。


-----------------------------------------------------------------

お供の組み合わせによって、シャックル、倒す、を決定する。
Waタイプはシャックル。
ヒールの出来るHoly Pri Paladinは即座に殺す。

PaladinとPriestのAddsは他のAddsのShackleを解除してしまうため、
ヒールしてるうちにいつのまにかシャックルが解けてることもある。
5秒ごとにシャックルしなおすつもりくらいでOK。

Moroesには二人のTankが付き、一人はMoroesとCCしきれていないお供のAggroを取り、CCできないお供は速やかに倒す。
お供を片付けた後、Moroesに集中攻撃を行う。
OTはThreat Listの2番目にいる事に注力しなくてはならない。
なぜならMoroesはMTにGougeした後にListの2番目にいるプレイヤーを襲うからだ。
OfftankがBlindを喰らった時は、MTは彼に背中を見せ、Gougeを回避すると良い。
もしこの時にGougeを撃たれるとHealer陣が襲われてしまうだろう。

CCはシャックル、氷罠が有効

Garrote(1000dmgづつ減るやつ)をくらっていたら
出来る限りヒールをしてあげてください。

MTが落ちたら、即部屋から脱出、リセット。

シャックルマクロ(参考)
/target KeepするMob名
/cast shackle undead
/targetlasttarget
[PR]
# by Leazas | 2008-02-01 19:11 | Karazhan攻略
1st BOSS : Attumen the Huntsman
いまさらながらですが、メンバーのために噛み砕き中。(基本コピペですスンマセンt)
俺Wiki様ありがとうございます。

1st BOSS : Attumen the Huntsman(オッサンと馬)

Phase 1
Attumen(オッサン)
 ・通常攻撃:1600-2100dmg。彼はディザームしてください。
 ・Shadow Cleave:全方位に4kdmg Cleave。
 ・Mount Up:
  Attumen(オッサン)のHPが25%になった時、彼は馬に乗る。
  全てのヘイトリセットされ、HPも全快する。ここからPhase2。

Midnight(馬)
 ・通常攻撃:1800dmg。

Phase 2
 ・通常攻撃:1600-3300dmg。
 ・Shadow Cleave:Phase 1と同じ。
 ・Charge:ランダムターゲットにチャージしノックダウン。

-----------------------------------------------------------------

雑魚を全て掃除。25分でRepopするため、迅速に行わないと、
また最初の雑魚倒しからやり直さなければならない。
(最悪Wipe後、最初のほうRepopしてて、Bossリトライ中にRepopするヨ☆)

Midnight(馬)をPull。
馬のHPが95%になって数秒後、オッサンPOP。
この時にしっかりとMTがオッサンのターゲットを取る。
取れないと、オッサンがヒーラーへすっ飛んで行って、乙。

馬はRaidから少し離してOT。

DPSはMidnight(馬)を狙う。
オッサンにはディザームを忘れない。攻撃力をすごく下げれるから。

MidnightのHPが25%になったらオッサンは馬に乗って、元気に回復。(P2)
ヘイトリセットされるので、MTはがっつりターゲット取ってください。

HPをMAXにしておかないと、ランダムチャージで6000dmgくらうので死ねる。
Meleeは背後から殴る。もし正面から殴ると、全員がChain Cleaveで動けなくなる。
MTはRaidにボスの背をむけ、
RaidはMelee Rangeギリギリまで全員近寄りチャージを防ぐ。
離れすぎるとチャージをくらい、近寄りすぎると範囲攻撃を食らう。

Melee/Spellの命中率を-50%するDebuffをしてくるのでキュア。

これさえ守ればあとはヘイトメーター見ながら攻撃あるのみ。
の、はず。
[PR]
# by leazas | 2008-01-25 15:27 | Karazhan攻略
エンジニアへの道
d0064058_14332630.jpg

まきんがエンジニアを上げました。
早速色んなアイテムを作ってみます。

ネタ、、、、
ネタすぎる、、、、、

この蚤のようなペットは80G。(戦うけどLv1)
[PR]
# by leazas | 2008-01-22 14:35 | Diary
kzn
またカラザンに行けるかもなのです。
[PR]
# by leazas | 2008-01-16 00:05 | WoWについて
おひさしぶりの更新
長いこと更新をお休みしておりました。
WoWのほうも管理人が仕事で多忙のため休止しておりましたが
少しずつ更新をしていこうと思っております。

Leazasはボチボチながら楽しく過ごしております♪
[PR]
# by leazas | 2007-12-14 12:56 | Diary
うるだまんで会ったことあるひとに似てる人
d0064058_2127278.jpg

そうそう、この人、うるだまんってとこで会ったことあるよね。

カラザンのこの人を倒しました。
3度目でここまで。

このあとオペラに挑戦するも、あとちょっとで負け;;

あまりの痛さにランスのヅラが飛び、
じゃむおじさんのごとく、新しいヅラを投げたものの間に合わず。

おっしゃーーKill!!と思った瞬間、ロミ夫が生き返りWipe。
0.5秒早ければ勝ってた・・・・ッ!

おそるべしジュリ子。
[PR]
# by leazas | 2007-06-03 21:29 | Diary
たつろうくんのパラディンが行く
「おい、パル暇だろ」
と、たつろう君がSMに誘ってくれました。

たつろう君のパラディンはようやく70歳を迎え、
パラタンクマンを目指し、タレントを硬く、硬く、してきました。

でもどうしてSM?と思ってついていきましたが

「俺のHPが5%切ったら攻撃してw」

と言い残して走っていきました。

ダンジョンの中を走る走る。

そしてMOBを釣る釣る。

ダンジョンの半分くらいまでMOBを全部釣って屁攻撃で倒していきます。
もう何も見えないほどのMOBのHPバー。

っちょw

d0064058_14545875.jpg


熱い、熱いよたつろう。
漢、漢だよ。

あ、危ない、と思って私がNOVAしたとたん、私は即死しました・・・
[PR]
# by leazas | 2007-05-31 14:56 | Diary
下積みの時期
そろそろやっとこさKarazhanへ挑戦する予定のLeazas。
新規メンバーも続々と70Hitし、装備もそこそこ揃ってきたので
しばらくの間は、Raidでの行動や、ヘイト管理、War育成など、
足元を固めることに専念してきました。

5人インスタンスでの行動の意識や、
ギルドイベントと称してのRaid練習として、Outland以前の
Raidインスタンスへの旅も重ね、
今までのソロや少数人数でのLv上げとは違うRaidでの行動などの
練習をしてました。

このBlogを書いている私(Anjue)が、ちょっと仕事が忙しくて
なかなかBlogの更新まで手がまわらず、滞っておりますが;;

ギルド内のコミュニケーションを深める意味でも
メンバー間の討論や提案、相談、など、Partyごとに行って
どうやったら楽しく、そして、円滑に、力入れるときは入れて、など
考えてきているつもりです。

いいメンバーにも恵まれ、協力的な人ばかりで助かってます!
やっとこれから一歩です。
がんばりまっしょい♪
[PR]
# by leazas | 2007-05-10 15:06 | Diary
トップ